「明日にとどく・・・」では課題の危険度を表す独自の指標を設けております。


各課題のムーブを紹介したページには右上に課題ごとの危険度を示す当サイトオリジナルの指標、「危険グレード」を表示しています。
A・B・Cの3段階でのグレーディング。各記号が示す意味合いは以下の通り・・・

ランディング等が比較的良好で、課題自体にも高さが無く、トライ中のどの時点でフォールしてもほとんど体勢を崩す事も無く足から落ちる事の出来る課題。ボルダリング初心者にもオススメできる課題に表示しています。
ランディングが良くても高さがあるとか、課題としては優しいもののマットが敷き辛いなど、若干の問題があると思われる課題や、ムーブが少し危険かなと思われる課題に表示しています。
ハイボールであるとか、ランディングが悪くマットが敷き辛い、あるいは敷けない。ムーブが危険だったり、フォールする場所が予測し辛い、またスポッターに危険が及ぶ、トップアウト後の下降が難しい等々、危険な要素が多いか、あるいは大きい課題に表示しています。
ホールドの欠落やボルダーの倒壊、あるいはアプローチ問題の発生などで、登る事が出来なくなってしまった課題はこの表示と差し替えています。更なる崩壊等危険を含むことが多いのでこの表示の課題には触らないようにお願いします。


←また、具体的にどのような危険があるのかについて、各ページの中ほどに「この課題のココが危ない」と題して具体的に危険と思われる事柄を列記しております。

ただし、内容に関してはサイト管理人のもーりんが実際に体験したり、見聞したり、あるいは予知できた範囲での”危険”に限られます。

当然ながら岩場では未知の危険、不足の事態が発生するという事は多々あることであり、岩場では完全な安全など120%存在しません。それを踏まえた上で自己責任でのクライミングをお願いいたします。
救急搬送 岩場の長い午後

〜 「明日にとどく・・・」危険グレードの表記につながったある事故 〜



落下はわずかに1mちょっとの高さだった。 ポイントとなるカチを取った後のムーブではフォールしても岩の正面に落ちるはず。 マットも、スポッターのボクも正面方向への落下に備える。だけど、左手がはずれ右に振られ右足が滑って・・・
落ちたのはマットの外。ムーブの動画を逆回しするようにひとつ前の段階にもどって、正面ではなく右方向に落ちた。バランスを崩したまま左足から着地。

7人の救急隊員が担架に乗せて搬出。ボクは救急隊員の機材を持って続く。何が入っているのか、やたら重い。 救急隊員の方もかなり苦戦。足もとの悪い岩場からの搬出がこれほど大変なものとは!後で彼が言った。雨かと思ったら救助隊の人の汗だったと・・・

救急病院でレントゲン撮影。左足首2箇所(後に3箇所と判明)を骨折していた。全治6ヶ月(実際にはもっと短かったが・・・)。

申し訳ない。何であんな課題を薦めてしまったのか・・・ マットは背中からの転落に備えて縦に置いていた。横向きに置いていれば、あるいはマット上に落ちれたかもしれない。 マットの外へ転がり落ちるのは必至だが最初の衝撃は和らげることが出来たろう・・・。

彼のお母さんが駆けつけて来る。謝るボクに逆にお礼を言ってくれる。いったん帰宅後、休み明けに自宅近くの整形外科で手術する事になる。事故が起きたのは14時40分頃。21時過ぎに一旦帰宅する彼を見送って家に帰ると23時前だった。長い長い一日だった。

翌日はジムへ行って彼の月会員の一時解約の書類と、ロッカー内の荷物を引き取ってきた。救急車に乗せられなかったボクのマットを預かってもらっている事故現場近くの施設へも行き、お礼を言ってマットやシューズを引き取ってくる。で、預かった彼の荷物を宅急便で彼の自宅へ発送。でも、おそらく到着する頃には彼は入院している事だろう・・・。

クライミングは自己責任?しかし、ボクのスポットが完璧で、今回の事故が予測不能で仕方がなかったなんてとても言えない。彼や彼のお母さん、救助隊や現場近くの施設の方、病院の方々・・・本当に多くの人に迷惑をかけてしまった。そればかりか、岩場で事故を起こすと他のクライマーの方々にも迷惑が及ぶ場合もある。本当に、申し訳ない思いで一杯・・・。

       ---------------------------------------------------

・・・上は某SNSに書いた当時の記録(一部修正)です。この事故がきっかけとなりボクはこのサイト「明日にとどく・・・」を一時閉鎖。「危険グレード」というサイト独自の指標を書き加えました。皆さんもどうか、外岩では十分なご注意を!やって来たアプローチの道をしっかり自分の足で歩いて帰路に付けますよう。外岩でのクライミングを安全に楽しめますよう!

P.S このときの彼はケガから半年後、北山公園の清掃登攀に参加。初めて訪れた木下フェースで見事に木下の右をオンサイトして完全復活をアピールしてくれました!

                                    (もーりん)
 

明日にとどく・・・(ボルダリング in 北山公園)

Copyright(c) 2008- Asunitodoku All Rights Reserved.