武庫川ボルダー



荒地山は基本、ロープクライミングのエリアです。どのトポもデシマルで表記されています。

でもでも、ボルダリングをメインとした内容の当サイトですので、あえて段級グレードに換算してみました。

デシマル→段級への変換については、過去の「北山公園」や「笠置」の資料と現在のものとを対比させ換算しております。

たとえば、昔の資料では「ショーギノーマル」は5.11bとあり、コレが現在の段級グレードで1級、「エレファントノーズ」が5.10cで3級、「コックロック」は5.10dで少し難しいのですがコレも同じ3級・・・と言った感じです。

あくまでも、目安程度にお考えください(^^ゞ

          (もーりん)

荒地山は基本、ロープクライミングのエリアです。ボルダリングスタイルで楽しめる課題には
の印をつけて提案していますが、あくまで私見です。全ては自己責任でお願いします。


ビッグボルダー

鯨の頭 (5.10b/3級・高さ2m)
   ビッグボルダーの左のハングした部分
   ハングを両手で抱きこむように登る
チムニー (5.6/8級・高さ3m)
   「鯨の頭」の右側のチムニー
■くの字クラック (5.6/8級)
   取り付きは一番低いカンテから
フレークハング (5.8/6級・高さ2m)
   右端の横に走るフレークでマントリング
■ハチュウ類のカンテ (5.10c/3級)
   右側のカンテラインのスラブを登る

サンデーモーニングスラブ

■左カンテ (5.10b/4級)
■右スラブ (5.10d/3級)
   クラックの左側をボルト穴をつないで直上
■クラック (5.6/8級)
   3段クラックと呼ばれる事も。

ハンドジャムクラック

ハンドジャムクラック(5.7/7級・高さ3m)

 ビッグボルダーのすぐ下側にあります。

ネコの額スラブ

ネコの額スラブ(5.7/9級・高さ3m)

 ビッグボルダーのすぐ右側にあります。

コーンフレークスラブ

■コーンフレークスラブ(5.8/6級)

屋根岩

■左ハングルート(5.10a/4級)
  左のハングを乗り越してスラブを直上
■右ルート(5.10b/4級)
  右側の段差の上の小ハングを登る

岩小屋のボルダー

岩小屋のボルダー(高さ2m)
  マントリングの練習などに〜〜〜

プラクティススラブ

プラクティススラブ
  スラブの練習に〜〜〜
  ノーハンドでも楽しい

プラクティスレイバック

プラクティスレイバック(5.7/7級・高さ2m)
  レイバックの練習に〜〜〜

とんがり岩

とんがり岩(5.9+/5級・高さ3m)
  カンテのフレークを登り、左へトラバース

やさしいボルダー

やさしいボルダー(5.5)
  今では単なる通り道です。
  岩梯子を迂回せずに登ると通ります。

腰痛チムニー

■腰痛チムニー(5.10c/3級)

プロペラ岩

■プロペラ岩(III+)
  高さ10mのハイボールのコーナーを登る
  (他にもルートあり)
  
  *III+はデシマルだと5.3以下かな・・・(^^ゞ
Copyright(c) 2008- Asunitodoku All Rights Reserved.