明日にとどく・・・ > 武庫川ボルダー(top) > 武庫川ボルダー > 猿の腰掛(1級)
お願い&お断り

猿の腰掛(1級)

〜 見事に腰掛られるかな? 〜

この課題は2010年5月29日(土)に岩の一部崩壊により消失し、現在登る事はできません。
猿の腰掛(1級) topo

■そうです!そうですとも!これぞルーフ!文句なしに楽しめる、ガチンコどっ被りプロブレム!心ゆくまでお楽しみください。

ホールドはどれもガッチリと保持できるものばかり。
指には優しいエコな1本。

・・・とは言っても正真正銘、紛う方無き、1級課題!けっしてヌルくはありませぬゾ!

ナメて掛かれば痛い目に遭うことも!

核心で落ちると真下に大きな岩もございます。マットを敷くに場所にも頭を使うことでしょう!

もちろん、慣れないうちは要スポッターですぞ!
猿の腰掛(1級)

岩の崩壊により消失した課題です。

スタート部分にあたる岩が崩壊して、クラックが閉じてしまいました。いまだに、更なる崩壊が進む可能性もあり、この辺りには近づかないようにお願いします。


2009.10.18撮影 climber : すとお〜んさん

すとお〜んさんはピンチホールドを持ったまま、マッチ無しで左手でチムニーのホールドを取るんだねー。更にその一つ上のホールドに手を掛けてから足を解除すると、身体が振られても耐えれるのだそうな・・・
うーん、まさに、登り方なんて百人百様!


2009.10.18撮影 climber : もーりん

ボクのは足を切らないスタティックなムーブ。
実はこの直前にチムニーまで入ってっておきながらハデにフォール。んなもんで、チムニーを抜ける箇所は腰が引けちゃって恐々登っております・・・コレが自身、第2登目(>_<)


〜 廻して、腰掛けて、信じられない大成果っ\(^o^)/ 〜

3シーズン目は嵐を呼ぶかもー∩^ω^∩や、や、や・・・やったぁああああーーーーーーーーーっっ!大成果、大成果ぁ!うおおおーーーん、久しぶりだよー、こんなのってー!! キャハハ!うれしーーーーーー(≧∇≦)

今日も今日とてやって来ました武庫川ボルダー。ボクの3年目のシーズンはどっぷりひと月、武庫川ルーフに入り浸って始まりましたぁー!ここのボルダーはホントに肉体を強ぉ〜くしてくれるのです!

時刻は朝の10時過ぎ・・・わ、わぉ!w(°O°)w

ルーフに着いてみれば既に大勢の人、人、人!今日も満員御礼、大盛況だぁ!ピークで20数人はいたかなぁ。

さあ、アップもそこそこに「猿回し(2級)」に挑戦です。トライを始めて延べ4日目〜!この 3日前、木曜日の台風一過電撃武庫川作戦で、増水した武庫川で一人打ち込んで、すっかり自信をつけたボクなのであります。 一発目はいきなりスタートでヒールが外れてスカしたけど2撃目・・・

おりょ?何気に何気に良い感じ。手足がオートマチック化されているように無意識にムーブがつながるよー。勤務中も仕事が手に付かないくらい、さんざんイメージトレーニングしたからねー。

スルスルスルといつの間にかリップを掴んでた。あららぁ〜〜〜ん?登れちゃったよーん!わずか2撃。到着してまだ30分ほどしか経っていないのになぁー!あはは。 今シーズン最初に打ち込んだプロブレ〜〜〜ム! 「猿回し(2級)」GETですぅーーーーー。わーい、わーい\(^o^)/

幸せー。やっぱ3日前の台風の日の打ち込みが効いたかなぁ。

さて、さて、この後どうしよう?登り始めてわずかに30分。ボクはまだ気力体力ともに十分です。次なる課題は? もちろん「猿の腰掛(1級)」に決まってます。簡単な順、簡単な順。1級だけど、もう、ルーフにはコレより簡単な課題はありませーん(;^_^A

「腰掛」も、「猿回し」のあい間、あい間でちょこちょこ触っているので、ムーブ自体は何とか分かっているし、途中までは「Funky・・・」と同じだから、皆さんのトライが参考になるし・・・と気軽にさわりはじめたら・・・。 う、ヤバイ!バリ面白いよ ーこの課題! ヤバイヤバイ、「猿回し」が落とせたんで、来週からやっと北山公園入り出来ると思っていたんだけど・・・コレじゃまた来週もココへくることになちゃうよー。

一緒に登ってた、PUMP大阪に通うボルダラー、すとお〜んさん曰く 「来週も来ればいいじゃないですかー」 ・・・あはは、まぁ、そうなんですけどねー(^^ゞ

「猿の腰掛」、スタートは左下のクラック中央。 その右のツノのような部分からスタートする人がいるけど、トポに寄ればそこまで遠くなくてもいいハズ。 この前、関西有数の美女ボルダラー、つっきー姉さんも中央部がスタートですよって教えてくれたし、今日、「Funky・・・」登ってた女性も、ツノの部分は足で、ヒールを入れてスタートすればいいんですと教えてくれる。

スタートにぶら下がったら交差したクラックの上へ左手。交差した部分にヒールをねじ込んで右手をカチへ。おなじカチへ左手を下からのクロスで掴んだら右手を次のピンチホールドへ・・・

おうおう!このあたり、まるで人工壁です。若い子が好きそうですよ、こんな課題って! そして左手の残るホールドへ絶妙な”手に足”でのヒールフック〜

うーん、やはり被り課題は足技がとても重要だなぁー。ココへ通うようになってボクもずいぶん足を丁寧に運べるようになった気がします。 ヒールをかけて取りに行くホールドでちょっと戸惑った。 マッチしないほうがいいって言う人もいるけどデッドでチムニーの下のホールドまで取りに行く技術はボクには無し・・・。

マッチするにも右手が悪いんで、マッチの後左手を話すとポロリ・・・ さぁ、考えよう!今日はアドバイスしてくれるボルダラーさんはたくさんいてくれるけど、台風の日に登ったときに自分で考えることの大切さも痛感したんだよねー。 体力や柔軟性、リーチの違いで人それぞれ違ったムーブがあっていいはず!

そして、マッチのホールドを両手を寄せて取れば右手の人差し指がかかる部分を発見。あはは!これだこれだー!使えるよーん。
さらにルーフから抜ける部分。みんなが足を切ったとたん振られて剥がされるって言うんだけど。片足を残してもう一方の足だけを切ってスタスタとルーフの天井を歩いたら実にスタティックにチムニーに入ることができた。

なんか、驚いてた人もいたなぁー。 更にチムニーに入ってからもホールドが少なく難しいってT井さんが言うんだけど、この時はなぜか右手をくるっと返してプッシュすれば岩に腰掛けることも無く、するりとトップアウトできちゃった。

そんなこんなで、あれれぇ?なんか早くも全部のムーブが確定してるじゃないか!? でもでも、さすがにココまで数時間。やはりオヤジの体力でぶら下がってばかりのルーフはキツイですねー。

3日前のマシンガントライでの消耗の反省もあって1大レストを決め込む。 寒い寒い、陽も山の陰に隠れてしまったので長袖のシャツを上に着てバナナ片手にあっちへウロウロこっちへウロウロ。 そして午後5時過ぎ。さて、もう時間もあまりありませんねー。 どれどれ、では一つ、スタートからつなげてみますよー。

長袖を脱いでたらすとお〜んさんが 「もーりんさん、ハダカで行かなきゃあ!」などと言い出します。あはは、この肌寒いのに・・・・。 だけど、ココは気合一発、裸族と化しましょう。さあ、最後に一発ハダカ登りです。

おおおーーー!何か気合が入るぅ!やっぱボルダラーはハダカがいいんかな!もちろん、レストしたのも大正解でしょう! 核心部のヒールフック、マッチが決まってルーフの外へ手がでた!さあ、ここでルーフの天井を歩きますよ、まず右足だけ外して適当な部分に乗せたなら左も解除してスタスタスタ・・・。あははコレはいいよ!100%振られない。チムニーに入ったら右手を返してプッシュでトップアウト・・・。

な、なんとなんと、へっぽこオヤジ「猿の腰掛(1級)」をGETですぅうううう!!!! 何か信じられなーーーいい!神が降りてきたあ!

最後の最後、気合のハダカ登りで1級課題を落とせるなんて!すとお〜んさんに頼んで無理やりリュックの中のカメラを探してもらって写真を撮ってもらう。 じ〜〜〜ん(ToT)

やったぞ、もーりん!ああ、人生最良の日(←って、こればっか) あるんだねー、あるんだねー、こんな日も! 皆さん拍手してくださる。うれしいよー!うれしいよー!
シーズンもまだ序盤、早くも目的の課題が落とせましたぁ!しかも1級と2級を同じ日に・・・ ちょうど、この週でボルダリング暦2年!

ああ、へっぽこオヤジの3シーズン目は嵐を呼ぶかもー∩^ω^∩             (もーりん)

2009/10/24作成 (2010/09/25更新)
明日にとどく・・・(ボルダリング in 北山公園&関西のボルダー)武庫川トップへ
Copyright(c) 2008- Asunitodoku All Rights Reserved.