明日にとどく・・・ > 北山公園  > 火の用心・エリア > 時をかける少女
お願い&お断り

時をかける少女(2級・5.10c)

〜 かわいいネーミングからは想像もつかないド根性ムーブ 〜
時をかける少女 topo

■核心は地上4mくらい!ひゃははは、落ちたらタイヘーン!2階の窓の高さでゴザイマス(;゚-゚)

ランディングもかなり悪うございますよ。核心で落ちたらたぶん岩の餌食かと・・・(;゚-゚)

さらに後ろを見ますればテーブルロックへと続く急な斜面。林の中を転がり落ちる可能性もあるかもです・・・(;゚-゚)

うぬぬ、「時をかける少女」ぉ?お名前はカワユイのですが、なりふりかまわずズリ上がるド根性ムーブ!手厳しい限りでゴザイマス

いい歳して少女に、お手を出されますと痛い目を見るやもしれませんぞ〜〜(;^_^A
時をかける少女(2級)

ランディングは最悪。核心は上部、しかもトップアウトは地上5mの高さでのマントリング。現在登られている内では、まちがいなく北山最恐のうちの1本でしょう。

スタート直下にマットを敷くスペースはあるものの、登り始めて落下予測地点が左へ移動するとそこには段差と小岩。そしてすぐ横は雑木林の斜面。落ちたらどこへ転がってもおかしくはありません。場所も狭く出だしの部分以外ではスポットを期待できませんし、スポッター自体に危険が及ぶので要注意。

ボクの場合ですが、そんな状況なもので、トライ中は1度も落ちませんでした・・・いえ、”落ちれません”でした。ムーブをひとつにとつ確実にしてはクライムダウンしたり、マットめがけて飛び降りたりの繰り返しで、到達高度を稼いでいきます。
下部は比較的易しいのだけれど、上部での落ちられない箇所では、どうしてもムーブの発動をためらいがち。躊躇して何度も飛び降りているとマットの上とは言えど衝撃が蓄積されて知らず知らずのうちに腰などを痛めていた事もありました。ご注意を!

甘いカンテが消えた先を右手で押さえ、小さなハナクソのカチに左足を乗せたなら、もう後へは引き返せません。デッド・オア・アライブの何ふりかまわずのマントリング。どんなに足掻いても絶対に落ちることだけはNGです。根性で乗り込み、トップアウトしましょう!



2009.12.20撮影 climber : もーりん

うーん、ちょっとこのアングルだと高さが出ていませんが、上部の核心部から下を見下ろした時、下に敷いたのマットの小さいこと、小さいこと・・・。

マットは3枚くらいあれば、ちょっとは安心できますね〜

スポッターさんはランディングが狭いので潰されたりしないように気をつけてー(;^_^A


〜 「時をかける少女」にかける少年・・・じゃなくて、オヤジ 〜

あらら、ボク、けっこう「時カケ」とのお付き合い長いんだぁー。某大手SNSの日記を読み返すと、最初のシーズンオフの8月に初めて触ってる。8月に「時カケ」?・・・ププッ!素人でしたぁー。あのパーミングだけで這い上がる上部は夏にはきびし過ぎる〜。

その次のシーズン、「北山公園清掃登攀」の時にもみんなでセッションしてるなぁー。このときは初段ボルダラーが何人か居たのに誰もトップアウト出来なかったっけ・・・不思議でしたぁ。

で、今シーズン。ここはひとつ、本気でこの課題に取り組もうではありませんかー!でも相変わらずボクの選ぶ課題って人気ないんだよねー。毎週毎週、ひとりっきりでこつこつムーブを考えての積み重ねです。シーズン真っ只中、バーカーもショーギも大勢のボルダラーさんで賑わっているのになぁー。あー、誰か来てくれないかなぁー。セッションしたいなぁー。マットも、もう2〜3枚欲しいかもー。

時カケ、みんなでGETでーす!さてさて、そんなある日、寒い寒い日。下部のホールドをつかんだり放したりしながらアップして試しにチョッコと登ってみたら・・・あらら、いきなり4mくらいまで登れちゃった。クライムダウン、クライムダウン、好感触!今日はとうとう登れるかもよ!

えへへ、どうせなら動画に撮ろうと思って三脚を広げていたら「時カケ」の岩の上に立つ影・・・ おりょ?ジム仲間のK村さん、とカナエさん登場!え?なになに「まさか、もーりんさん居ないでしょうねー」と話しながら覘いてみたんだって?あはは、 ボクの「時カケ」トライ、みなさんご存知なんだね。なんせ何週もマイナー課題にかじりついているヘッポコぶりだもんなぁー。

で、やった、やった!2人が参加してくれて、今日は念願のセッションとなりましたぁ!マットが3枚!心強ーい( ̄∇ ̄*) さあ、みんなで登ろーう!
・・・って、カナエさーん!いきなりランチタイムですかぁーーい!

K村さんに下部のムーブを説明。さすがに強い!すぐさまボクがこれまで3日もかかった最高到達点まで登っちゃった! でも、そこから上へはいけずにクライムダウン。やはり上は怖いよなぁー。

続いてボク。カナエさんがランチの合間に動画を撮ってくれる。中間部までは問題なし。 鼻くそカチの左のカチがガバカチだったのは意外!今日はじめて発見! なんだー!ホールドが無いと思ってた上部に、こんないいカチがあったなんてー

カンテとこのガバカチで保持して左足を鼻くそカチに乗せたら・・・ おー、てっぺーーーん!何もない、何もない。パーミングでじわじわ体を上げたら右手が天辺のガバに触れた・・・そして!

や、やったーーー!ついに登れましたー! 「時をかける少女」!やっとやっとGETです! うれしいな!うれしいな!今季、北山での初成果だよー!

で、ボクの後をランチタイムが終わったカナエさんが、なんとなんとフラッシュでクリア! おおおおおーーー!これにはボクもK村さんもビックリ! ボクらの「ムーブを見てたから」って言うんだけど、2級課題一撃とはスゴイ!やはりジムで強い人はオンモでも強いや!

最後にK村さんも・・・上部でしばらく動けなくなりつつも根性でトップアウト! すごーーーい!3人とも「時カケ」GETですー!
うれしいな!うれしいな!はい!記念撮影っ!

K村さん、カナエさん、あんがとーヾ(*'∀`*)ノ♪

さてさて、2人の恩人が去った後もボクはまだ「時カケ」に居残りです。マグレで登れたんじゃないというのを自分に納得させたくてスグに再登に挑戦だぁ!相変わらずのねちっこ〜い性格。これが岩じゃなくて女性なら、あっという間に逃げられてるね(^^ゞ 2登目はすごくキレイに登れた。おおーー! 何だ何だ「時カケ」!ムーブが分かれば楽勝かもよー

・・・と、早くも(←わずか2登で!)慢心のへっぽこオヤジ! 「よーし、もう1本カッチョ良く登っているムービーを撮っとこ」と欲が出て、すぐさま3登目。スラスラスラ〜〜〜。えへへ、流れるようなムーブ!ボクっていけてる?さあ、最後はパーミング!よし天辺のガバが取れた!

さあ、身体を上げるぞ・・・   ・・・・身体を・・・   ・・・あ、あれ?    ガバをつかんでいるのに身体が上がらん・・・

ひ、ひええ〜〜〜 やばい、お、落ちるかも・・・ 5mのグランドフォールかも・・・ やばいやばいやばいやばいやばい・・・

落ちるか登れるかギリギリの境界線。必死に足掻くボク。 足掻いて、足掻いてわずかに登れるほうに針が振れたぁ!膝を擦り傷だらけにしながら這い上がる! 心臓バクバク!あまりにも軽率な自分の行動に警鐘のごとくバクバクバクバク・・・や、やばかったぁあ〜〜〜(;´Д`A ```

うえーん、死ぬかと思ったよお(ToT) ああ、生きててよかった。 う、腕が上がらん!今の一登、デッド・オア・ライブの数秒に火事場のクソぢから、生命力の限りを出し尽くしてしまったらしい

すっかり凹んで大反省〜!教訓!軽率な気持ちで登るべからず!課題を侮るなかれ!

・・・ははぁーーーっ!しかと胸にとどめましたぁあああm(。≧Д≦。)m

(カナエさんのリクエストで、必死に足掻いたヘッポコ動画もアップしようと思ったんだけど、再生してみたら、あんまり必死さが出てませーん。なんかフツー(^^ゞ 本人は必死だったのにねー。ってことで、今回は初登の1本だけアップしておきますね)   (もーりん)

2009/12/30作成 (2010/09/25更新)
明日にとどく・・・(ボルダリ ング in 北山公園&関西のボルダー)北山公園トップへ
Copyright(c) 2008- Asunitodoku All Rights Reserved.