明日にとどく・・・ > 北山公園  > アドレナリンエリア > アドレナリンカンテ
お願い&お断り

アドレナリンカンテ(1級)

〜 身体のすべてを使って登る極上のバランス課題 〜
アドレナリンカンテ topo

■ズリッ・・・ズリズリ・・・
いったいこの岩は何足のシューズをバーチ(←クライミングシューズのリソール屋さん)送りにしてきたことか・・・

混雑時には岩の下に舞う黒いソールの粉、粉、粉・・・。

ふふふ、でも止められません。もう、止められません。とり憑かれてしまったのですよアナタも!

この岩の魅力。それはまさに北山のローレライ!

身体の全てを使いこなしてこそ成しえる危ういバランス!なんとも言えぬ心地よさ!

まさに三ツ星!ショーギと並ぶ北山の看板課題!

登りきるまで、その呪縛からは逃れることは出来ないのです。

ほら、今日もまたアドカンへの道を下る者たちの足音が・・・
アドレナリンカンテ(1級)

高さのあるバランス課題。落ち方によってはクライミングシューズのソールだけではなく、顔までもが花崗岩のヤスリでズリズリになる事も!薄カチも痛い!

カンテの奥(左側)の地面が一段低くなっていますが、不思議と落ちるのは右側の平坦な地面のマット上。奥に落ちる事はまず無いです。ただ、上部で落ちた場合、たまにマットに落ちる前に足が岩の下部にぶつかってしまう事があるので注意。

またカンテに立った後のムーブでは岩の表面に顔を近づけて登ったりもしますから、落下の際に顔が傷だらけなんてことも!顔だけはやめてという方、メガネをかけた方もご注意を。

カンテの薄カチはけっこう鋭く、連投していると指皮が悲鳴をあげてヒリヒリ・・・これもまた、ご注意を!


2011.01.01撮影 climber : もーりん

アドカンの動画はネットでもたくさん見かけるのでこんなアングルで撮って見ましたぁ。

岩の向こう側で見えませんが左足を高く上げて右荷重でしっかりフリクションを効かせてやれば、ボクのようなヘタくさい登り方(けっこう右足をズリズリ滑らせてますね〜)でも、まず上部で落ちる事はないのです。エヘヘ(^^ゞ


〜 日曜日のアドレナリンは雨上がりのタケノコだね! 〜

夏の間は閑散としていた北山の岩々にも、木々の色づきと共にボルダラー達が戻ってきました(←お!詩的な書き出し方が出来てる!スゴイ!でも、もう限界・・・)

アドカン登れたぁーーーっ\(^o^)/で〜、何の話かというとぉー、シーズンに入っちゃった北山の人気課題に日曜日にでも乗り込んだら大勢のボルダラーさんがいるので、ムーブの謎が一気に解決するということを言いたいわけなのです!(←あ〜、こういう文章のほうが楽チンですぅ〜)3級ボルダラーのボクは2級ボルダラーとなるために、いよいよアドカンに挑戦することに!それはシーズンに入った12月の始めの日曜日、当然そこには大勢のボルダラーさんがっ(^o^)/

■なにわ娘の美女ボルダラー、satomixさ〜ん・・・「核心まではアウトサイドでレイバック気味に登っていき、カンテに左手を飛ばす箇所では右方向を向くようにする。右を向くと右肩が下がり重心が右寄りにかかるので左手のパーミングが利く。左足を気持ち先にカンテに乗せるようにしてから右手を上げていく 」

■あこがれエリアの開拓者、北山の神様、小坂さ〜ん・・・「カンテに立ったら左足のヒールのインサイドを使うようにして登っていく。右手はフェイスをプッシュで右手が伸びきったら左足を上げ、伸びきったら上げるを繰り返して上がっていく。」

■トポの製作者、きたやまにあの尾○さ〜ん・・・「カンテの左足は高く上げる。そうすれば身体が右に入り、たとえ右足が切れても落ちることはない。」

・・・などなど。自分で考えてもなかなか思いつかない貴重なアドバイスを、たった1日のうちに貰うことが出来たのです。それから1ヶ月たらず、アドカンはトポの改訂で、なんと1級課題へとグレードアップし、(・・・最初から1級だったらボクはまだ触ってなかったろうなあー)そして年末ぎりぎり、へっぽこオヤジはアドカンを落すことが出来ましたー。で、このページを作ることができちゃったワケなのですっ!

シーズンに入った日曜日は、まさに雨上がりのタケノコのようにオヤジを急成長させてくれるのでした。  (もーりん)

2009/01/01作成 (2010/09/25更新)
明日にとどく・・・(ボルダリ ング in 北山公園&関西のボルダー)北山公園トップへ
Copyright(c) 2008- Asunitodoku All Rights Reserved.