明日にとどく・・・ > 北山公園  > 木下フェース周辺 > 木下フェース・右ライン
お願い&お断り

木下フェース・右ライン(4級/5.10b)

〜 身長差で難易度が激変!典型的リーチ課題 〜
木下フェース・右ライン topo

■リーチのある人はグレード以上に易し〜(^o^)丿
でも、無い人には・・・(>_<)

ボーダーラインは170cm。

スタートに手を添え、1歩目は右足でAのスタンスへ!

上のカチを取りに行こうとはせず、まずは結晶に立ち込む事に集中です〜。

立ち込めました?なら、Bのカチを取りましょー!それで、ほぼ終了〜!

左足を上げつつ、左手で左にあるカチもイタダキです。

そして、右足をトントンと上げて行きましょう。
カチを掴んだ体勢では見えませんけど、そこにも結晶がありますねー。

それに立ち込めばぁ・・・
はい、リップに手が届きましたー

やったー(^o^)/
木下フェース・右ライン(4級)

比較的安全に楽しむ事が出来る課題です。

ボルダー自体が低くランディングも良好なので安全に楽しむ事ができますが、細カチのカチリ損ねのネコパンなど、どのボルダーでも起こりうるような事項には注意しましょう。最初に立ち込む結晶、なんどもトライしていると足の親指が痛いですぅー(>_<)


2009.11.08撮影 climber : 昔のクライマー”S”さん

リーチ課題のはずの「木下フェース・右」も円形フレークをカチれるツワモノには怖いもの無し〜\(◎o◎)/!
指2本でカチって登っているのは御歳が54歳の自称「昔のクライマー”S”」さんっ!
昔の・・・って、現役バリバリじゃないッスかぁ〜〜〜!


〜 木下フェースと北山の神様 〜

シーズンも終わりかなーっていう4月のある日、北山で神様に会えたよー(^o^)丿

最初は、ただのハイカーのオッサンだと思った。オッサンが真似事でそこらの岩を登っているのかと・・・だって課題のないような岩だったから・・・。

身長の無いオヤジは、リーチ課題には泣かされましたぁ!木下フェイスの前を通ったので「よろしければ、どうぞ!」とすすめるボク。”いや〜難しいですね。登れませんわ〜、はっはっは・・・”で、笑ってオシマイ!そう思ってたのに〜、「それじゃ」とこのオッサン、木下フェース中央をいとも簡単にサクッと登ってしまいよった!

げげっ!\(゜0゜)/  ・・・いやあ、ビックリしたのなんのって、50歳はとうに超えてるオッサンがサクッとだよ!ほんとにサクッとぉ・・・ 何者なんじゃ!?このオッサン?・・・いえ、オジサマ!

実は、それが北山の神様、小坂さんだったんですっ!! 北山公園の、あの”あこがれエリア”を作ったお方! あのパチンコ岩の「ルパン三世(1級)」を!「空手OH!(初段)」を!「ドラの音(2級)」を!!!開拓した、まさにご本人!!

以来、何度も何度も北山でお会いして、頂いた的確なアドバイスで、ボクは「木下・右」&「中央」や「鉄人」などなどを立て続けにGETすることが出来ました〜!そして次の冬には念願の「ショーギノーマル」を小坂さんの目前で初GETすることまで出来ちゃったのですっ!わーい(^o^)/

ああ、すばらしい出逢に感謝ー。     (もーりん)

2008/10/14作成 (2010/09/25更新)
明日にとどく・・・(ボルダリ ング in 北山公園&関西のボルダー)北山公園トップへ
Copyright(c) 2008- Asunitodoku All Rights Reserved.