明日にとどく・・・ > 北山公園  > 木下フェース周辺 > 木下フェース・中央
お願い&お断り

木下フェース・中央(3級/5.10c)

〜 離陸にひとクセ、最後は足を信じてダイナミックに! 〜
木下フェース・中央 topo

■さてさて、スタートはどれでいきましょう?

両手スタートは離陸しやすいいし、右足も楽に結晶へ乗せることが出来ますよー。
でもね、その後のクロスムーブ・・・手数がちょいと多くなります。

凹みスタートは右足で結晶をとらえるのに難がありましょう。
数撃って乗れたなら次のムーブへ入る、偶然性のムーブとまでは申しませぬが・・・

プッシュスタートは、バランス的には一番いいのかもしれません。

まあ、いろいろ試してみることです。

上のカチを取ったら、耐えて耐えて左足を上げて参りましょう。

左足、絶対に外れないと信じて伸び上がれば・・・

やりましたな!中央3級GETです!

比較的安全に楽しむ事が出来る課題です。

ボルダー自体が低くランディングも良好なので安全に楽しむ事ができますが、細カチのカチリ損ねのネコパンや足のすっぽ抜けなどでクルブシを擦りむく・・・など、どのボルダーでも起こりうるような事項には注意しましょう。


2009.11.08撮影 climber : 昔のクライマー”H”さん

おっちゃんパワーが元気だと何だか、とても幸せな気分です(^O^)/
開拓直後の北山を知るベテランクライマーが今なお登り続けているのはウレシイかぎり!
みんな、いい顔してんだよなぁー。長ぁ〜い間クライミングを続けている人って!


〜 リーチ課題って不公平? 〜

5月のある日、木下フェースに行くと、そこにいたのは以前いっしょにセッションした事のあるN島さん。登っては落ち、登っては落ちの繰り返しで、頻繁にアミノ酸サプリメントのようなものを取りながら、鬼気迫った登り方をしていますー。・・・さすがのボクも退いてしまったよ〜(゜o゜)

N島さんは身長が164cm、リーチ課題の木下フェースは本当に苦戦しているみたい。苦労して、苦労してやっと「右(4級)」を落すことが出来たので、次はこの「中央(3級)」挑戦なのだとか。
おもっきりカチったら登れちゃいましたぁー(^O^)/
技術も、指の力も、明らかに劣るこのボク(身長167cm)が、この頃やっととどくようになっていた上のカチにも、触ることすら出来ない様子・・・。ボルダリングをするものは身長があるほうがいいに決まってる。だけど、こればっかりは生まれもったモノなのでどうするわけにもいきませーん(>_<)

PUMP大阪で開催された「ingacup」の後のスライドショーで小山田さんが言ってたことは、「人工壁で手がとどかないのって、どうしようもないけど、自然の岩だと何か使えるモノがあって、何とかなる。」とのこと。

考えて考えて何とかしてカチに手を伸ばすN島さん、ガンバっ!人一倍の苦労をして落した課題ってのは人一倍うれしいハズ!・・・と、応援してたら、あらら日はとっくに落ちて午後7時、急速に薄暗くなる北山をあわてて下るボク。見えない見えない何にも見えな〜〜い!またやってしまった!これで何度目?北山を降りる頃には真っ暗で這うようにして車道に出る。ひええーーー(>_<) N島さーん、この日ちゃんと帰れたぁ?

身長の問題は本当に切実。でも克服出来ないわけじゃないのかも!ボクのホームジム「ロックガーデン神戸」スタッフだった米倉亜貴さんは身長はわずかに147cm!それでも、あそこまで強いクライマーだっているんだもの!    (もーりん)

2008/10/20作成 (2010/09/25更新)
明日にとどく・・・(ボルダリ ング in 北山公園&関西のボルダー)北山公園トップへ
Copyright(c) 2008- Asunitodoku All Rights Reserved.