お願い&お断り

初級スラブ(7級/5.9)

〜 北山の第一歩はここから? 〜
初級スラブ topo

■老いも若きも、男も女も、上手も下手も、みんながみんな登りたがります初級スラブ。

他ではチョットお目にかかれませんね、こんな課題。

上手いカレはアップとして。

腕力のないカノジョも、ここなら楽しく登れますねー。

こちらは足運びとバランス感覚の練習?

おお、あなたはなんと、ノーハンドに挑戦ですかー。

ノーハンドは確か1級でしたね。分かっていっるとは思いますがシューズ以外の部分を岩に触れてはなりませんよー。

さあ、みなさん、誰も彼もガンバです!目的は別々かもしれませぬが、登る課題はこれひとつ。

十人十色の初級スラブ!
初級スラブ(7級)

比較的安全に楽しむ事が出来る課題です。

ランディングはフラットで良好!初心者でも安心して登れる課題でしょう。ただ最初の2歩目くらいはスタンスがツルンツルンに滑るので注意しましょう。・・・っていうかこれが初級スラブを面白くしてくれているんですけどね(^^ゞ



2009.11.01撮影 climber : もーりん

初級スラブなもんで、動画など不要かと思ったんですが・・・
一応ムービーに収めましたのでアップしておこうかなー。
そのうち、うら若き乙女ボルダラーにでも登ってもらえたら、むさいオヤジボルダラーの動画と差し替えましょー(^^ゞ


〜 ボルダリング!楽しまなきゃねっ! 〜

 エレファント!エレファント!エレファント〜〜〜!!血まみれ、土まみれで落ちまっくて登れない「エレファントノーズ(3級)」”熱血スポ根”世代のボクは、やっぱり”熱血スポ根”的な登り方になってしまいますー(>_<)

 そんな、ある日、すぐ横では「初級スラブ」をトライする、四国からやって来たというボルダラーさん達。・・・なんか異常に盛り上がっておりましたー。・・・なんで?

 なんで「初級スラブ」でそんなに盛り上がれるのぉ? とよくよく見れば・・・「ププーッ」(^u^)

 なんと彼ら、横に生えている松の幼木を飛び越えてスラブに跳び乗っていたんですー!彼らのルールでは「飛び移る際に松に触れてはいけませーん!」というもので、松の枝が風圧で揺れたのか、足が当たって揺れてのかを判定する審判まで配置する徹底ぶり、しかもスラブを2,3歩登ったら、最後はリップにダブルダイノしなければならないという限定ムーブのオマケ付き!

 「星飛雄馬」的ボルダリングで歯をくいしばってるボクと、「これでいいのだ〜タリラリラン・バカボンのパパ」的ボルダリングを決め込む彼ら!(←例えに出すマンガもオヤジしてるなぁ・・・(^^ゞ)

 でも、そうだよねー。もっと楽にいけばいいんじゃないのー?楽しければ長続きするし、長続きすれば上手くもなるハズ。うんうん、そうだとも!

 今でも時々、何かに追われるように登ってしまう事があったりするんだけど、”遊びごころ”という余裕を持つことが大事なんだと気づかせてくれたのが、彼らと「初級スラブ」でありましたー。 (もーりん)

2008/10/14作成 (2010/09/25更新)
明日にとどく・・・(ボルダリ ング in 北山公園&関西のボルダー)北山公園トップへ
Copyright(c) 2008- Asunitodoku All Rights Reserved.