武庫川ボルダー
■2010年5月29日(土)、「武庫川ルーフ」において岩の一部崩壊がありました。ルーフ左側の課題を中心に
多くが消失、右側の課題は以前同様に登ることが出来ますが武庫川を訪れる方は十分に気をつけてください。


北山公園DATA

■場所 : 兵庫県宝塚市(武庫川を挟んで対岸は西宮市)

■岩質 : 花崗岩(・・・でも水流に磨かれているから手には優しいよ)

■課題数 : 約30課題

■シーズン : 通年。夏でもルーフの奥から冷気が噴出してくる・・・けど、やっぱルーフの外は暑いかな。冬は陽が当たるのは午前中だけでーす。

■開拓 : 三浦紀章氏(紫岳会/フリーフライト)、川内誠一氏(紫岳会)、原村裕大氏(竜谷大山岳部)らによって開拓されたもよう。1988年2月発売の「岩と雪」126号の三浦紀章氏の記事に「我々が通いだして三年になるが・・・」との文章があるので開拓は1985頃から?
武庫川下流にあるスフィンクス岩やオベリスク、ローマ岩といったルートクライミングの岩場の延長上として開拓されたようで、開拓当時は「武庫川ルーフ」ではなく「ツタンカーメン」と呼ばれ、すでに5本の課題が設定されていたみたいです。

「ツタンカーメン」が「武庫川ルーフ」へ変貌した経緯については不明(・・・というか、ボク、もーりんが調べ切れていないだけかも・・・)ですが、同誌に記載されてある詳細なマップには紛れもなく武庫川ルーフのその場所の岩が「ツタンカーメン」と表記されております。
初登者の意思を尊重するなら、このHPでも「ツタンカーメン」と表記するべきなのでしょうが、現在ではすっかり「武庫川ルーフ」で定着してしまっているので、かっこ付きで「ツタンカーメン」と併記するに留めて起きます。初登者の皆々様、お許しをm(_ _)m

2010年5月に岩が一部崩壊。人気だった「Funky Monkey Roof」をはじめいくつかの課題が消失してしまいました(ToT)



Copyright(c) 2008- Asunitodoku All Rights Reserved.