■阪急芦屋川 → 高座谷 → キャッスルウォール → 荒地山ボルダー
阪急芦屋川駅からのアクセス。1時間20分ほどの山歩き。一般登山道を外れて高座谷を登ります。最近、このコースにもずいぶんと案内板が立てられて迷いづらくなっては来ているものの、初見では迷いやすい難しめのアプローチルートでしょう。途中、高座谷のボルダーで遊べます。ただそのあたりで、ほぼ毎回イノシシ君に遭遇するのでトライ中に荷物を奪われないように要注意(ボクも以前、リュックを引っ張っていかれちゃいましたぁ〜(>_<))。キャッスルの下降路の登攀はマットを背負っているとチョット危険かも。クロックス(←ボルダラーのアプローチシューズという方もいますが)では無しに、ちゃんとしたアプローチシューズ(orクライミングシューズ)で登るようにしましょう。ルートは全体として谷道で暑さがしのげるし、城山を通るアプローチよりは変化があって面白いのですが、正直、初めての方にはオススメ出来ません(-_-)



谷道で暑さはしのげるものの迷い易い難しめのアプローチです(>_<)
(1)阪急芦屋川駅の改札を山側へ出たなら・・・
(2)芦屋川を右手に見ながら山の方に登っていきましょう。
(5)ここを右に曲がれば城山の尾根道だけど、ココは直進します。
(4)分岐では常に登っている方の道を選択。
(3)この看板に従い高座の滝・ロックガーデン方面へ
(6)滝の茶屋はおでんがウマイ!帰路にココで飲むビールは最高(^^ゞ
(7)高座の滝です。この流れに沿って高座谷を登って行きます。
(8)滝の脇を通ってロックガーデンのメインストリート中央尾根へ
(11)こちらは左岸(上流に向かって右側)の道。
(10)最初の堰堤を越えたなら流れに沿って上流へ。左岸、右岸、どちらの道を通ってもOKです。
(9)でも、滝から3分ほどしか歩かないこの場所から右手の砂防ダム(右奥)のほうへ。
(12)ここで、流れを渡り右岸へ(もちろん、左岸を進んでもOKですよ)
(13)しばらく進むと2番目の堰堤です。そして、ココには・・・
(14)はい、高座谷のボルダー。SDスタートで登ると、けっこう難しいよぉ〜(>_<)
(17)もし、この3番目の堰堤に来るまでに沢から高く離れたら道を間違えていると思ってください。
(16)右に見える道は尾根に上がりますので、ボルダーを奥に進み、沢沿いの道を進みましょう。
(15)この辺りは、よくイノシシ君が出没します。トライに夢中になってリュックなどを奪われないようにね!
(18)飛び石を渡り対岸へ。ここで始めて道は沢から離れ高く登りはじめます。
(19)それは高さ21mの荒地山砂防ダムを巻くためで、ココを過ぎると道は再び沢まで下がり・・・
(20)流れを渡ったらまたダム(荒地山第2砂防ダム)。ココはちょっとした広場になってます。
(23)そこから先は道はなく、岩がゴロゴロの沢に進入。流れを登って行くと・・・
(22)越えるとすぐに分岐があるので、ダムの上流側に降りましょう(案内板のキャッスルウォールの方向)
(21)広場を横切り、対岸を登って、この第2砂防ダムも越えましょう。
(24)ご丁寧にも、こんなところにまで案内板。ここで流れから離れ右折します。そしてその先に・・・
(25)有名なキャッスルウォール。クライミングの講習会などでよく使われる初心者向けの岩場ですね。
(26)さあ、そのキャッスルの左側の下降路を登りますよ。要注意!出来ればクライミングシューズで!
(29)不鮮明な尾根沿いの道を進むと・・・
(28)そして、後ろを振り返るとそこには・・・荒地山ボルダー群!おお!エリアはもうスグですよ!
(27)上まで登ると、今まで通ってきた高座谷と砂防ダムが一望できちゃうのです。気持ちイイ〜〜(^O^)/
(30)ここで城山からの一般登山道に合流。倒木が目印ですね。ここを左折。
(31)もう安心の迷う事無い登山道。ハイカーの方も多いのです。
(32)左へ下るとブラックフェイスですが、まっすぐ道なりに進むと・・・
(35)だって、その先は「新七衛門ぐら」人ひとりが通るのがやっとだもの、ボルダーマットなど通りません。
(34)さあ、名所の「岩梯子」に着きました。でも、コレを登ってはいけませーーーん(>_<)
(33)スグに岩場となり、エリアが近いのが感じられます。岩を乗り越えて進みしばらく・・・
(36)「岩梯子」の右側に迂回路が!もちろん上部でちゃんと合流。
(37)最後にこのハシゴを登ったら、スグ左に・・・
(38)はい!荒地山ボルダーの岩小屋&サンデーモーニング!に到着です!
*(35)の「新七衛門ぐら」の向かって左側の岩が「屋根岩」なので、ココは既に荒地山のエリアなのですが、やはり展望が効き、休息にも持って来いの岩小屋をこの”アクセス”でのゴールとしています(^O^)/

明日にとどく・・・(ボルダリング in 北山公園&関西のボルダー)武庫川ボルダートップへ
Copyright(c) 2008- Asunitodoku All Rights Reserved.