■阪急芦屋川 → 城山 → 鷹尾山 → 荒地山ボルダー
阪急芦屋川駅からのアクセス。1時間20分ほどの山歩き。面白みも無いよく整備された登山道を登ります。案内表示の無い分岐ではどちらを通っても元の道に合流する単なるショートカットで、エリアまではほぼ一本道なので迷うことなくアプローチが出来ます。ただ、アップダウンがかなり(・・・ってほどでも無いけど)あり、道も単調なので気分的には長く感じるかなぁ?



迷う事無い確実アクセス。でも尾根道なので夏場は暑すぎ(>_<)
(1)阪急芦屋川駅の改札を山側へ出たなら
(2)芦屋川を右手に見ながら山の方に登っていきましょう。
(5)「城山を経て荒地山」の案内板。ココまで駅から15分ほど。
(4)分岐では常に登っている方の道を選択。
(3)この看板に従い高座の滝・ロックガーデン方面へ
(6)案内板に従い右折して道なりに歩くとすぐに登山道に入ります。
(7)よく整備された初心者でも安心の登山道
(8)分岐があっても単なるショートカット。同じ道につながっています。
(11)高座谷へ下る道などもありますが尾根道キープで荒地山へ
(10)この赤く塗られた杭のある分岐の右に鉄塔がありますがこの鉄塔には近づかないで真っ直ぐです
(9)テレビの中継放送所にはたくさんのベンチが設置されています。
(12)この鉄塔の足元を過ぎ道なり、道なり。
(13)また、鉄塔を過ぎて道なり、道なり。
(14)左へ行くとキャッスルウォールですが、まだまだ道なり。
(17)だって、その先は「新七衛門ぐら」人ひとりが通るのがやっとだもの、ボルダーマットなど通りません。
(16)さあ、名所の「岩梯子」に着きました。でも、コレを登ってはいけませーーーん(>_<)
(15)左へ下るとブラックフェイスですが、も少し道なり。というか、この先は岩の上を歩きます。
(18)「岩梯子」の右側に迂回路が!もちろん上部でちゃんと合流。
(19)最後にこのハシゴを登ったら、スグ左に・・・
(20)はい!荒地山ボルダーの岩小屋&サンデーモーニング!に到着です!
*(17)の「新七衛門ぐら」の向かって左側の岩が「屋根岩」なので、ココは既に荒地山のエリアなのですが、やはり展望が効き、休息にも持って来いの岩小屋をこの”アクセス”でのゴールとしています(^O^)/

明日にとどく・・・(ボルダリング in 北山公園&関西のボルダー)武庫川ボルダートップへ
Copyright(c) 2008- Asunitodoku All Rights Reserved.